仕上がりにこだわる人必見!コーキング剤の底力|壁編

eyecatch_wall_caulking02 壁の商品編

壁紙屋本舗では、はじめて壁紙施工に挑む方でも納得の仕上がりに近づくよう「貼り方」だけでなく「おすすめアイテム」のご紹介に力を注いでいます。
今回ご紹介する壁用のコーキング剤も、ワンランク上の仕上がりを目指す方にぜひ覚えていただきたいアイテムのひとつ。

手順の通り施工し上手くいったように見えても、施工後1日~数日程度で壁紙の継ぎ目部分に隙間ができてきたり時間の経過とともに端の部分が剥がれてきたり、「こんなはずじゃなかった」という事態が起きてしまうことがあります。

そんな事態の予防、またすでにそんな事態が生じてしまった箇所の補修・補強に最適なのが今回ご紹介する壁用コーキング剤。
初心者だってワンランク上の仕上がりを目指したい!そんな皆さまの気持ちに応えてくれる心強い存在です。

こちらのページでは、壁用コーキング剤のベーシックな使い方からさまざまな活用法まで一挙ご紹介。
コーキング剤なんて全く知らなかった方にも「コレ実際ある方がいいの?」と足踏みしている方にも、ぜひご一読いただけたらと思います!

床の施工に取り組む方は「コーキング剤の底力|床編」へ!

 

 

そもそもコーキング剤とは

caulking_about
caulking_about03

そもそもコーキングという言葉には、「詰め物をする」「隙間を埋める」という意味があります。
キッチンや洗面所などの水回りで、壁と台の境目などが白いゴムのような物体でふさがれているのを見たことがあるという人も多いはず。それがズバリ「コーキング剤」です。壁や床の防水性や気密性の向上を目的としてプロの現場でも使われる必須アイテムなんですね。
「シーリング材」と呼ばれることもあり、この2つに大きな違いはないようです。

コーキング剤は乾燥前はねっとりとしたペースト状の物体で、チューブから搾り出して溝や隙間の箇所を埋め、固まると防水や補強の効果を発揮します。

壁紙屋本舗では壁用のコーキング剤と床用のコーキング剤を販売しており、両者の違いはずばり強度
汚れや圧のかかりやすい床用の方が当然強度が上がり、その分お値段もお高め。
壁用のコーキング剤は価格もリーズナブルなので「ちょっと試してみよう」くらいの気持ちで入手しやすいアイテムではないかと思います。
壁紙の継ぎ目コーナー部分の仕上げだけでなく、押しピンでできた穴やちょっとしたキズ隠しにも活躍してくれます。

コーキング剤の先端のカットや開封後の保管については、関連記事「仕上がりにこだわる人必見!床用コーキング剤の底力」の下記項目で詳しくご紹介しています。
床用に比べて壁用のコーキング剤は先端が少し細めですが、同じ内容を参考にしていただけます。

 

 

こんな時に使える!壁用コーキング剤の用途

壁紙の継ぎ目の剥がれ防止、下地隠しに

wall_caulking_use01
壁紙を何巾かにわたって施工するときに必ずできる壁紙の継ぎ目。
施工の時にしっかり圧着しても乾燥後に隙間ができて下地が見えてしまったり剥がれてきてしまうことも。
また壁紙にキズがついて下地が見えてしまったり、押しピンでできた穴が目立つことがありますよね。

壁紙と同色のコーキング剤を使うとこんな事態を解決することができます。

生のりつき壁紙の貼り方で詳しくご紹介しています!

 

壁紙のコーナー部分に

wall_caulking_use02
コーナー部分の継ぎ目も壁紙の剥がれや隙間のできやすい部分。
コーキング剤で補強でき、すでに隙間のできてしまった部分は下地隠しにもなります。

壁と障害物の境目に

wall_caulking_use03
凹凸のある障害物との間の隙間も気になることがありますよね。
こちらもコーキング剤を使えばプロ顔負けの仕上がりに!

 

凹凸のある壁にペンキを塗る時のガタガタ防止に

wall_caulking_use04-03
凹凸のある壁紙にペンキを塗ると、マスキングテープで養生するだけではペンキが凹凸に入り込み境目のラインがガタガタになってしまいます。
ここでも活躍するのがコーキング剤!
以下の手順でコーキング剤を使用するとくっきりとまっすぐなラインに仕上げることができます。

  1. 境目部分にマスキングテープを貼り、テープの境目にコーキング剤を塗ります。
  2. 指でコーキング剤をなぞり、壁紙の凹凸にすりこみます。
  3. コーキング剤が乾いたら、上からペンキを塗ります。
  4. ペンキが半乾きのうちにマスキングテープを剥がします。まっすぐなラインの完成!

 

クッション粘着シートの断面隠しに

caulking_cover_tiny
壁装飾に人気のアイテムに、クッション粘着シート素材のシリーズがあります。
クッションモールディングクッション巾木メトロタイルシートなどなどカッターやハサミで簡単に切ってアレンジできるのですが、元の1本の状態で使用するか切った断面を繋げない限り中のスポンジ部分が見えてしまいます。
こちらの断面もコーキング剤を使って覆うことができます。
ぽってりと厚めに、指で表面をならすとなめらかな仕上がりに。

 

 

壁紙屋本舗の壁用コーキング剤

壁紙屋本舗で販売中の壁用コーキング剤をご紹介。

豊富な色展開とリーズナブルな価格|ジョイントコーク

joint_caulk_tiny

壁用コーキング剤の代名詞、と言っても過言ではないほどメジャーなコーキング剤です。
元クロス職人である壁紙屋本舗の店主ハマモトも、現場に立っていた頃はこのジョイントコークを使用していたそうな。プロご用達のアイテムです。
日本の住宅に多いホワイトからベージュ系の壁紙にほぼ対応できそうな、ベーシックカラー6色展開。

 

色展開 6色
内容量 500g
※クリアのみ340g
使用目安 約100m
ホルムアルデヒド放散量 F☆☆☆☆取得
施工時のにおい ほとんど気にならない
※若干ボンドの様なにおいがします
特徴
  • 豊富な色展開
    ※基本6色のほか、特別33色
  • 価格がリーズナブル

 

 

つや消しのマットな仕上がり|ペネット

penet_tiny

ホワイト、アイボリー、ライトアイボリーの3色展開。
特徴はつや消しのマットな仕上がりとサラッとした質感。

 

色展開 3色
内容量 500g
使用目安 約100m
ホルムアルデヒド放散量 F☆☆☆☆取得
施工時のにおい ほとんど気にならない
※若干ボンドの様なにおいがします
特徴
  • マットなつや消しタイプ
  • サラッとした仕上がりでホコリなどがつきにくい

 

ペネットはどのくらい「つや消し」??
ジョイントコーク × ペネットの「ホワイト」で比較


ペネットの”マットなつや消しタイプ”って実際どのくらい?と思う方もいらっしゃるのでは。
ジョイントコークの方が色展開が豊富で価格もリーズナブルなので、ペネットの特筆すべき点といえばこの「つや消し」という点ですよね。

気になった筆者は、一体どのくらいの違いがあるのか両者の「ホワイト」で比べてみました!
(※写真はツヤ感を比べるためトーンを変調しています)

caulking_compare_01
絞り出した状態でもわずかにペネットの方が光沢感が無いように感じます。
これを指で伸ばして乾燥させてみると・・・
caulking_compare_05
ん?ジョイントコークの方が少し白っぽく見えるものの、つや感はあまり違わない?
caulking_compare_04
しかし・・・
光を当ててみると違いがよく分かります。ペネットの方は反射がなく周囲となじんでいますね。

▼乾燥後のつや感&見た目の印象

ジョイントコークとペネットを比べてみた結果、ペネットの方がマットなタイプであるというのは間違いありませんでした。ただ、室内の照明環境によっては大きな違いを感じない場合もあるかな、というのが正直な感想。

同じ「ホワイト」を使用する場合、ペネットの方が少し落ち着いたトーン白浮きしない印象に仕上がり、光の当たる角度によっては上の写真のような違いが出るので、マットな質感にこだわりたい人はぺネットを選ぶ価値があると思います。

▼乾燥後の質感

同じ時間乾燥させてから表面に触れると、ペネットの方が明らかにサラっとしています。
これも大きな特徴の1つと言えるでしょう。

▼乾燥時間

乾燥時間について商品情報としての記載は無いのですが、薄く伸ばした場合は10~30分程度で、厚塗りした場合でも数時間もあれば乾燥しました。(季節や室内環境によって変わる可能性があります)

▼おすすめの用途

筆者が選ぶなら・・・ビニール壁紙の継ぎ目処理にはジョイントコーク、キズ隠しや厚塗りして使うならペネットかなと思います。もちろん、壁紙の種類にもよりますが。
ペットと暮らすスタッフも「ペットが壁を傷付けた時の補修はツヤのないペネットがおすすめ」とのことでした。

いずれもスタッフの個人的な感想ですが、ご参考になれば幸いです。

 

 

水回りにはコレ|シリコンコーク

silicon_caulk02_tiny

ホワイト・アイボリー・クリアの3色展開。
耐候性・耐薬品性に優れたコーキング剤で水回りの施工におすすめです。
使用する際にコーキングガンが必要なので、お持ちでない方はセットでお求めください。

 

 

色展開 3色
内容量 330ml
使用目安 約11~13m
ホルムアルデヒド放散量 F☆☆☆☆取得
施工時のにおい ほとんど無い
特徴
  • 優れた耐水性
  • 使用の際はコーキングガンが必要

 

 

 

使用するとこんなに違うビフォー・アフター

コーナーの継ぎ目に

継ぎ目の目立ちやすいコーナー部分もコーキング剤でこの通り!
同色のコーキング剤を使う場合、コーナー部分は周囲を養生しなくてもキレイに仕上がります。ノズルの傾斜を角に当てながらラインをなぞり、指でつーっと表面を滑らかにすればOKです。

BEFORE
corner_b
AFTER!
corner_a

 

押しピンあとに

結構目立つ押しピンのあとにも!

BEFORE
caulking_com_pin_b
AFTER!
caulking_com_pin_a

壁にできたキズ隠しに

少し大きめのキズも遠くから見たら分からなくなるほどに!

BEFORE
caulking_com_damage_b
AFTER!
caulking_com_damage_a

まとめ

壁用のコーキング剤が、家中の壁に関するトラブルやお悩みの解決に役立つ優秀なアイテムだということがお分かりいただけたでしょうか?

壁紙を施工しようという方だけでなく、現状の壁の見た目を手直ししたい方も持っておいて損はないアイテムです。
開封後も開口部をしっかり密閉すると1年程度は保管できますので、あらゆる箇所の補強・補修にお役立てください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

▼ジョイントコーク
joint_caulk_tiny
▼ペネット
penet_tiny
▼シリコンコーク
silicon_caulk02_tiny
※楽天・壁紙屋本舗サイトへ飛びます

 

 

関連記事

仕上がりにこだわる人必見!コーキング剤の底力|床編

2019.09.13

ペットと暮らす「壁」の保護と補修|対策まとめ~犬や猫とより快適に暮らすために~

2019.01.11

貼るだけクッションティンパネル~アレンジ例とかんたん施工方法~

2019.05.13

貼るだけクッションモールディング&巾木~かんたん施工とアレンジ方法~

2018.12.17

貼るだけ 粘着クッションシート 簡単施工とアレンジ方法 ~ ブリック レンガ メトロタイル ~

2018.12.04