自宅で気軽にボルダリング!インテリアとしてもかわいい「ボルダリングパネル」&「クライミングホールド」

eyecatch_bouldering_02 おすすめアイテム

ただいま壁紙屋本舗で人気上昇中のアイテム、「ボルダリングパネル」&「クライミングホールド」をご紹介します。
無塗装の木目、ブラック、ホワイト、とどんなインテリアにも取り入れやすい3色展開の「ボルダリングパネル」。そして、まるで子どものおもちゃのようなポップでカラフルな色合いが楽しい「クライミングホールド」。

自宅で気軽にボルダリングが楽しめるアイテムとしてだけではなく、その可愛らしい見た目から子ども部屋やフリースペースのインテリアとして取り入れたいという人も増えています。

この注目のアイテムについて、おすすめポイントやアレンジ例などをご紹介していきたいと思います。

 

そもそも「ボルダリング」とは?

about_bouldering_tiny

「ボルダリング」はロッククライミングの一種

「ボルダリング」というスポーツをご存知でしょうか?
2021年に開催された東京オリンピックで、新たに「スポーツクライミング」が正式種目として採用されました。この種目の1つを構成するボルダリングの認知度は急速に高まり、競技人口も急増しているといいます。

人工的な壁に埋め込まれたホールドをつかみ登っていくスポーツ、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、本来ボルダリングは「ロッククライミング」の一種。
ロープなどの安全確保無しに登るジャンルを指し、自然の岩を登ることも、人工的な壁を登ることも同様に「ボルダリング」と呼ばれます。
about_bouldering_pic_green5

初心者でもジムで気軽に楽しめる

山へボルダリングをしに行くとなると未経験者にはハードルが高いですが、最近は駅周辺などアクセスの良い場所にもボルダリングジムが増えてきています。
体験レッスンやインストラクター講習など初心者から楽しめるプランが用意されていることが多く、難易度の違う壁やルートを自身のレベルに合わせて挑戦できます。
 

シェイプアップや知育スポーツにも

ボルダリングは消費カロリーがなんと水泳の1.3倍になるともいわれる全身運動。
普段使わない筋肉を動かすので、シェイプアップや肩こりにも効果的だとか!?
ルートを攻略するゲーム的なおもしろさやクリアできた時の達成感も相まって、老若男女問わず気軽に始められるスポーツとして人気を集めており、筋肉と思考力を同時に育める「知育スポーツ」として親子でたのしむ人も増えています。

こんな「ボルダリング」が自宅でできるなんて嬉しいですよね。

 

それでは注目のアイテム「ボルダリングパネル」と「クライミングホールド」をご紹介していきます。

※「ボルダリングパネル」、「クライミングホールド」は別売となります。

ボルダリングパネル

「自宅で気軽にボルダリングがしたい!」「アウトドアインテリアとして使用したい!」
そんな方にオススメの、大人も子どもも楽しめるボルダリングパネルです。
 
brdrngpnel

 

ボルダリングパネルのおすすめポイント

POINT1 取り扱いやすいサイズ

bouldering_po1_1_tiny
bouldering_po1_2_tiny
パネルのサイズは、横910mm×縦606mm。
女性1人でも持ち運べるサイズです。一般的な建材の規格サイズに合わせて製作しているので、下地に合わせて施工がしやすくなっています。

パネル1枚の重さは、約5㎏。大人1人で持ち運べますが、ホールドをしっかりと固定し支えられる強度があるため重量感のある素材です。

POINT2 壁にぴったり取り付け可能

bouldering_po2_2_tiny
bouldering_po2_1_tiny
爪付きナットが飛び出さないようにパネル裏が彫り込まれているので、壁面にぴったりと取り付けることができます。爪付きナットは接着剤でしっかりと固定されています。

POINT3 動きのあるレイアウトができる

bouldering_po3_1_tiny
bouldering_po3_2_tiny
三角形パターンで穴を空けているので、動きやリズム感のあるホールドの取り付けが可能です。

 

ボルダリングパネルの取り付けは専門業者へ

パネルの取り付け施工は専門業者(工務店や大工さん)にご依頼ください。その際は、使用用途を必ずお伝えください。
 
bouldering_se1_tiny
必ず使用に耐えうる強度のある下地に取り付けてください。1枚のパネルに対して4辺に満遍なく最低8ヶ所以上、しっかりと固定できる長さのビスを使用し確実に固定してください。
bouldering_se2_tiny
パネルを取り付ける際は、穴の位置を確認してボルト穴のパターンが、等間隔に並ぶように左右互い違いに取り付けてください。

 

カラーバリエーション/枚数とサイズ

カラーバリエーションは、無塗装ブラックホワイトの3種類。

 
3枚セット単品での販売。女性でも扱いやすいコンパクトなサイズです。
bouldering_size_02_14_tiny

 

アレンジ例

壁紙を貼ってアウトドア空間に

ボルダリングパネルに壁紙を貼ると一層たのしいアレンジができます。

bouldering_ar1_tiny
使用した壁紙:SBA-5209(※取り扱い終了)
 

bouldering_ar1_01fixed_tiny
お好みの壁紙を貼ります。
※この施工では生のり付き壁紙を使用
bouldering_ar1_02_tiny
ボルト穴部分は壁紙を貼った上から手で触って確認し小振りなカッターで穴を切り抜きます。
bouldering_ar1_03fixed_tiny
穴を空けた部分にボルトとホールドを取り付ければ完成です。

 

ペイントでアレンジ

無加工の木材にペンキでアレンジをすると、世界でひとつだけのボルダリングパネルに!

bouldering_ar2_tiny
使用したペンキ:Imagine Wall Paintマロニエの並木
クッションフロア:ジムフロア/SHM-4004(※取り扱い終了)
 

bouldering_ar2_01_tiny
塗りたいところにマスキングテープで山の形をつくって貼っていきます。
bouldering_ar2_02_tiny
マスキングテープの内側をローラーやハケを使って塗ります。2度塗りをすればムラなく仕上がります。
bouldering_ar2_03_tiny
2度塗りをしたらペンキが乾く前にマスキングテープを剥がして完全に乾けば完成です。

 

ブラックホワイトのパネルの上から別の色のペンキを重ね塗りすることは可能ですが、水性ですので刷毛で擦ると色が溶け出て色が混ざる可能性があります。
重ね塗りの際は、ローラーなどで手際よく塗るようにしてください。

 

基本的なペンキの塗り方

2018.07.26
 

チョークでコースづくりに挑戦

ボルダリングジムのようにナンバリングをして、本格的なコースづくりも!!

無塗装のボルダリングパネルにお好きな色のチョークボードペイントで塗装をすればチョークで描くことができます。
ブラックのボルダリングパネルは予めブラックのチョークボードペイントで塗装しています。

bouldering_ar3_tiny
使用したペンキ:Imagine Chalk Board Paint イカスミ・リングイネ
 

bouldering_ar3_01_tiny
ローラーやハケを使ってペンキを塗ります。2度塗りをすればムラなく仕上がります。
bouldering_ar3_02_tiny
ペンキが乾いたら付属の六角レンチでホールドをしっかりと取り付けます。
bouldering_ar3_03_tiny
チョークでコースを付ければ楽しさも倍増!色々アレンジして自分だけのボルダリングを楽しもう!

 

クライミングホールド

「ボルダリングパネル」にピッタリのクライミングホールドです。
カラフルでかわいく子どもの遊び場にぴったり!と思いきや、大人だって使用できるんです。

※商品にはボルト・L型六角レンチが付いています。
hold_tiny

 

クライミングホールドのおすすめポイント

POINT1 こだわりのボルトの長さ

hold_po1_01_02_tiny
当店で販売しているパネルとホールドの厚みに合わせたボルトなので、ボルトが飛び出さず、裏の下地壁にあたりません。

POINT2 ボルトは安心の日本製

hold_po1_02_tiny
要となるボルトとワッシャーは、日本製のねじを使用しているので安心してご使用いただけます。
※ホールド本体は中国製です。
 

クライミングホールドの取り付け方法

hold_howto1_tiny
専用のボルトにばね付きワッシャー、平ワッシャーの順でホールドの穴部分に差し込みます。
hold_howto2_tiny
付属の六角レンチでボルトをしっかりと固定し、緩みやガタつきが無いか確認してください。
 

  • 思わぬ怪我の原因となりますので、ご使用の際はしっかりと固定されたことを確認してください。
  • インパクトドライバーなどで強く締めすぎると破損する場合がございます。
  • ばね付きワッシャーと平ワッシャーを取り付けることで緩み止めになります。
 

個数とサイズ

32個セットでの販売。大きさ・カラーの違う組み合わせが楽しめます。
パネルへの取り付けに必要な、ボルトとL型六角レンチ付き!
hold_size_tiny

使用上の注意

安全に関わる大切な事項です。ご購入をご検討される際は必ずお読みください。

ボルダリングパネルの取り付けについて

  • パネルの取り付け施工は専門業者(工務店や大工さん)に依頼し、必ず使用用途をお伝えください。
  • 木製品のため、ささくれがある場合があります。ヤスリがけを行ってからご使用ください。
  • ボルダリングパネルの施工につきましては、必ず使用に耐え得る強度のある下地に取り付けてください。
  • 1枚のパネル(910mm×606mm)に対して4辺に満遍なく最低8ヶ所以上、下地にしっかりと固定できる長いビスを使用し確実に固定してください。

 

クライミングホールドの取り付けについて

  • 固定する際はホールドごとに指定の長さのボルトを必ず使用してください。
  • ボルトで固定の際は緩み防止のため、付属の「平ワッシャー」と「ばね付きワッシャー」を必ず使用してください。
  • ホールドの固定が不十分な場合、ホールドが回転したり外れたりする危険があります。緩みやガタつきがないように、付属の六角レンチでしっかりと固定してください。インパクトドライバーや電動ドライバーなどで強く締めすぎると破損する場合がございますのでご注意ください。
  • この商品は、当店が販売するボルダリングパネルに合わせたボルト仕様(長さ、太さ、ネジ山のピッチ)になっております。その他のパネルには使用しないでください。

 

ご使用について

bouldering_pad_tiny
※ボルダリングパッドは専門の販売店でお買い求めください。

  • 床にクッション性のあるもの(ボルダリングパッド、クラッシュパッドなど)を敷き、怪我をしない対策をしてください。
  • 使用前にホールドの緩みやガタつきなどがないか必ずご確認ください。
  • 小さいお子様がご利用の際は、目を離さず、サポートする方がついた上でご使用ください。
  • 定期的に点検を行い、割れたり破損したパネル、及びホールドは絶対に使用しないようにしてください。破損による怪我を含む、本商品を利用して発生した損害に関しては一切保証することはできません。お客様ご自身の責任でご使用をお願いいたします。

 

まとめ

bouldering_end_tiny

近年注目度が高まっているアイテム「ボルダリングパネル」「クライミングホールド」についてご紹介しました。
「こんなアイテムあったんだ!」と興味のわいた方、ぜひあなたの家をもっとワクワクできる場所にしてみませんか?

クライミング競技の盛り上がりと共に、ご家庭で気軽に楽しんでいただけるアイテムとして益々広まっていくのではないかと思います!