配送料を含めて比較する、クッションフロアのサイズとお得な選び方

cf_cost_eyecatch その他

コロナ禍で通販の利便性が更に注目を集めるなか、宅配大手の配送料値上げが続いています。
特に床材などサイズの大きい「大型配送物」は大幅な値上げとなり、これに伴い、2021年9月1日に壁紙屋本舗でも送料を改定することになりました。

心苦しいお願いとなってしまいましたが、皆さまにご理解をいただきスタッフ一同感謝申し上げます。

そんなご協力に頼るだけではなく、壁紙屋本舗は少しでも皆さまの送料のご負担を軽減させるべく送料を抑える商品開発にも力を入れています。

床材の中で1番人気の「クッションフロア」。
クッションフロアは元々「182cm巾」程度の大きいサイズが原型となります。大型配送物になるため、例にもれず配送料値上げの影響を大きく受けています。

壁紙屋本舗はこのクッションフロアを「半分にカット」し、おまけに「ミミ(端)もカット」した「ハーフサイズ」のクッションフロアを生み出しました。
突きつけで施工できるという利便性もさることながら、サイズダウンにより送料を大幅に抑えることができます。

平米単価でいうとハーフサイズの方が割高になりますが、送料は安くなります。
こうなると「結局どちらがお得なの?」という疑問が浮かびますよね。

本記事では、配送料と商品価格のコストを比較した「お得なクッションフロアの選び方」をご紹介したいと思います。

 

※こちらの記事に出てくる商品価格・配送料はすべて、2021年11月現在の10%税込価格となります。
※料金比較は一般的な住宅用クッションフロアで算出しています。住宅用クッションフロアの一部デザインや、ペット用、土足対応のもの店舗用クッションフロアは条件が異なりますのでご注意ください。

 

送料で比較

まずは、送料で比較してみます。
壁紙屋本舗の拠点である大阪から東京へ、それぞれ住宅用クッションフロアのハーフサイズとダブルサイズを配送した場合の送料を比べてみます。

※一般的な住宅用クッションフロアは1ロール最大20m巻きとなります。それ以上の数量をご注文いただいた場合は、ロール数が分割されますが、特別なカットのご指定などが無い場合は、何メートルご購入いただいていも送料の追加はありません。

ハーフサイズ(巾約90cm)の送料 ダブルサイズ(巾約180cm)の送料
990円 2,390円
ダブルサイズの送料の方が2倍以上高い
※クッションフロアの幅は自由に選べるものではなく、製品の規格によって異なります。

ダブルサイズは「大型配送物」になりますが、ハーフサイズは通常宅配の枠内で配送できるため、当然送料は安くなります。
ダブルサイズの送料はハーフサイズの倍以上高くなります。

商品価格で比較

次に、一般的な住宅用クッションフロアの商品価格で比較してみましょう。

ハーフサイズはダブルサイズを半分にカットした商品のため、同じ面積分購入する場合、ダブルサイズの倍の長さが必要です。

ハーフサイズのm単価
(巾約90cm×1m)
ダブルサイズのm単価
(巾役180cm×1m)
999円/m 1,480円/m
ハーフサイズを約12m購入する場合 ダブルサイズを約6m購入する場合
11,988円/12m 8,880円/6m
同じ面積分購入すると、ハーフサイズの方が約1.5倍高い

平米単価で見るとハーフサイズの方が高いということになります。

ハーフサイズには半分にカットする手間や工賃が上乗せされるため、どうしてもダブルサイズより割高になります。
ただ、クッションフロアの両端にある「ミミ」という余白部分もカットされているため、突き付けでの施工が可能です。
クッションフロアの施工で難関とされる「ジョイントカット」が不要で、そのまま並べて施工できる大きなメリットがあります。

fitting

 

送料と商品価格で比較

送料で比較するとハーフサイズが安く、商品価格(平米単価)で比較するとダブルサイズが安いクッションフロア。
「結局どちらの方がお得か?」という疑問には「送料の差額」と「商品価格の差額」を比較する必要があります。

今回は、住宅用クッションフロアを同じ平米分を購入し、大阪から東京へ配送する場合の、送料と商品価格の差をシミュレーションしてみたいと思います。

配送料を含めた料金のシミュレーション

シミュレーションに関するご注意

  • 送料は、配送地域によって異なります。
    地域別配送料はこちら >>
  • 大阪→東京への配送料金をもとに算出していますが、離島は追加送料がかかる場合があります。
  • 価格は2021年11月現在の、佐川急便の配送料金で算出しています。
  • ご利用のWEBストアによって送料規定が異なります。こちらのシミュレーションは壁紙屋本舗・公式サイトでご購入いただいた場合の比較です。

シミュレーション01:ハーフサイズ2m/ダブルサイズ1m 購入する場合

ハーフサイズ ダブルサイズ
商品価格 999円×2m=1,998円 1,480円×1m=1,480円
送料(大阪→東京) 990円 2,390円
合計 2,988円 3,870円
結果 ハーフサイズの方が882円お得

 

シミュレーション02:ハーフサイズ4m/ダブルサイズ2m 購入する場合

ハーフサイズ ダブルサイズ
商品価格 999円×4m=3,996円 1,480円×2m=2,960円
送料(大阪→東京) 990円 2,390円
合計 4,986円 5,350円
結果 ハーフサイズの方が364円お得

 

シミュレーション03:ハーフサイズ6m/ダブルサイズ3m 購入する場合

ハーフサイズ ダブルサイズ
商品価格 999円×6m=5,994円 1,480円×3m=4,440円
送料(大阪→東京) 990円 2,390円
合計 6,984円 6,830円
結果 ダブルサイズの方が154円お得

 

シミュレーション04:ハーフサイズ16m/ダブルサイズ8m 購入する場合

ハーフサイズ ダブルサイズ
商品価格 999円×16m=15,984円 1,480円×8m=11,840円
送料(大阪→東京) 990円 2,390円
合計 16,974円 14,230円
結果 ダブルサイズの方が2,744円お得

 

シミュレーション05:ハーフサイズ1ロール(20m)/ダブルサイズ10m 購入する場合

ハーフサイズ ダブルサイズ
商品価格 999円×1ロール(20m)=19,980円
17,600円(※)
1,480円×10m=14,800円
送料(大阪→東京) 0円
1ロール購入で送料無料!(※)
2,390円
合計 17,600円 17,190円
結果 ダブルサイズの方が410円お得

(※)ハーフサイズは1ロール単位での購入商品価格が割引&送料無料(北海道・沖縄・離島は対象外)になります。ハーフサイズの切り売りで17m〜20mご購入される場合は、1ロール(20m)でご注文いただく方がお安くなります。
 

シミュレーションの結果より

01〜05までの比較を見ていると、数量の少ない場合にハーフサイズがお得だということがわかります。
今回でいうと01〜02の「ハーフサイズ4m/ダブルサイズ2m」のラインまではハーフサイズの方がお得でしたが、「ハーフサイズ6m/ダブルサイズ3m」を境に「ダブルサイズの方がお得」に切り替わりました。

1ロール(20m)単位での購入で割引特典が生じるイレギュラーはありますが、それを除くと購入メートル数が増えるほどダブルサイズのお得感が増していきます。

配送地域(配送料)によってもどちらがお得かという逆転のラインは異なりますが、少量のクッションフロアが必要な場合はハーフサイズがお得になる可能性が高いということになりそうでしょうか……?

ところが、そうとも言い切れない比較ポイントがもう1つ存在します。
それが、お部屋のサイズです。

 

お部屋別に比較

ここまで送料や商品価格の比較についてご説明しましたが、もう一つの重要な比較ポイントをご紹介します。
実は、ハーフサイズとダブルサイズでは、お部屋のサイズによって必要量がちょうど2倍になるというものではありません。
お部屋のサイズによって、ハーフサイズの方が無駄なく使えるパターンと、ダブルサイズにした方がキリ良く使えるパターンが存在します。

クッションフロアの価格は種類によって異なりますが、ここでも住宅用クッションフロア大阪から東京へ配送すると仮定し、お部屋別に比較していきましょう。

  • 購入単位はm(メートル)ごとになります。
  • 施工の際には巾ごとに10cm〜20cm程度の余白が必要となります。以下の比較では、必要巾ごとに10cmずつ余白を確保しています。
    自動計算フォームでは20cmの余白が確保されています。
  • 木目柄のクッションフロアで一般的な、部屋の長手方向に木目の目地を揃えて敷く施工方法で算出しています。
  • 部屋のサイズは、あくまで一般的なサイズを参考にした一例です。
 

江戸間6畳(261cm×348cm)

巾90cmのハーフサイズ

cf_half_6jyo
ハーフサイズが3巾必要
各巾10cmずつの余白を取ると
(348cm+10cm)×3巾=1074cm→11m
999円×11m=1,0989円
送料:990円
合計:11,979円

巾180cmのダブルサイズ

cf_double_6jyo
ダブルサイズが2巾必要
各巾10cmずつの余白を取ると
(348cm+10cm)×2巾=716cm→8m
1,480円×8m=11,840円
送料:2,390円
合計:14,230円

 

ハーフサイズの方が2,251円お得

 

江戸間8畳(348cm×348cm)

巾90cmのハーフサイズ

cf_half_8jyo
ハーフサイズが4巾必要
各巾10cmずつの余白を取ると
(348cm+10cm)×4巾=1432cm→15m
999円×15m=14,985円
送料:990円
合計:15,975円

巾180cmのダブルサイズ

cf_double_8jyo
ダブルサイズが2巾必要
各巾10cmずつの余白を取ると
(348cm+10cm)×2巾=716cm→8m
1,480円×8m=11,840円
送料:2,390円
合計:14,230円

 

ダブルサイズの方が1,745円お得

 

トイレ(84cm×174cm)

巾90cmのハーフサイズ

cf_half_toilet
ハーフサイズが1巾必要
各巾10cmずつの余白を取ると
(174cm+10cm)×1巾=184cm→2m
999円×2m=1,998円
送料:990円
合計:2,988円

巾180cmのダブルサイズ

cf_double_toilet
ダブルサイズが1巾必要
各巾10cmずつの余白を取ると
(174cm+10cm)×1巾=184cm→2m
1,480円×2m=2,960円
送料:2,390円
合計:5,350円

 

ハーフサイズの方が2,362円お得

 

ご購入の際は、実際のお部屋のサイズを測って必要量を確認し送料を含めた価格をご確認ください。

必要量の計算方法について

▼クッションフロアの必要量について詳しく解説!

クッションフロアってどのくらい買えばいいの? ~必要量の計算方法を徹底解説~

2021.09.16

▼クッションフロアの必要量の自動計算はこちら

クッションフロアの必要量の計算方法

2018.09.20

全国各地域への配送料について

壁紙屋本舗の拠点は大阪です。
配送料は地域によって異なりますので、下記リンク先の表内「床材」の項目をご確認ください。
地域別の配送料について

 

まとめ

送料のお得な、ハーフサイズ(シート巾約90cm)。
平米単価のお得な、ダブルサイズ(シート巾約180cm)。



 
お得なのはハーフサイズか?はたまたダブルサイズか?という疑問への答えは「必要量やお部屋のサイズによって異なる」ということがお分かりいただけたと思います。

加えて、ハーフサイズは幅が狭いので女性にも扱いやすく、ジョイントカット不要で施工の手間も省けるため、割高ながらもそれなりのメリットがあります。
つまり、お客さまにとってのベストなケースは、一概にコレと言えるものではありません。

差額のボリュームや、ジョイントカットの手間などを考慮し「この程度の差額なら、少し割高になるけど手間の省けるハーフサイズでいいかな」もしくは「少しでも金額を抑えたいのでダブルサイズにしよう」など、状況に応じご判断いただければと思います。

人気のインテリア商材「クッションフロア」は、配送料の問題と切っても切れない関係です。
悩ましいテーマですが、この記事が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

その他も、クッションフロアの施工に関する色々なコンテンツがありますので、併せて参考にしてみてください。

 
 

クッションフロアってどのくらい買えばいいの? ~必要量の計算方法を徹底解説~

2021.09.16

クッションフロアの貼り方 〜しっかり接着編〜

2018.08.01

クッションフロアの貼り方 〜 ふせんのように貼る編〜

2018.08.03

クッションフロアの貼り方 〜はがせる位置調整両面テープ編〜

2018.10.03

ハーフサイズ クッションフロア 施工方法

2018.12.10

クッションフロアの貼り方 ~トイレの床編~

2018.10.03