ホンポのひとこま|スタッフそれぞれの壁紙オブザイヤー2019

photowall_e313478 コラム

2019.12.27

こんにちわ。
壁紙屋本舗・スタッフのウエマツです。

2019年もあと数日、壁紙屋本舗の年内営業は本日12/27(金)の正午をもって終了いたしました。
2020年の始動は1/6(月)から!
休業期間中もWEBショップは運営しておりますので、年末年始ごゆっくりお買い物をおたのしみください。
※商品の発送は年明けの営業開始以降となりますのであらかじめご了承ください。

さて、いよいよこの年末感。
街中にただようそわそわした空気、殺人的に混み合うデパ地下、大荷物をかつぎ足早に移動する人たち。
大阪では毎年こんな光景が見られます。

あー忙しい忙しいと言いながらいつもよりたくさん飲んじゃったり、忘年会で張りきっちゃって次の日使い物にならなかったり(忙しいのに)、さあ節目を迎えるよ、という迫りくる感じが個人的には結構すきです。

そんなそわそわした気配を感じ始めた頃ふと気になったのが、日々壁紙に触れ、壁紙と向き合い過ごしている我々スタッフは今年どんなデザインにグッときたのだろうということ。
そこで周辺スタッフの個人的壁紙オブザイヤーを調査し、せっかくなので皆さんにもご紹介しようという運びとなりました。

毎年新たなデザインが誕生し進化し続けている壁紙の世界。
無数ともいえる壁紙のなかから、スタッフたちが選んだ1枚をご覧いただけるとうれしいです◎

 

スタッフそれぞれの壁紙オブザイヤー2019

スタッフ・KUKIの壁紙オブザイヤー2019

輸入壁紙|NLXL CONCRETE WALLPAPER BY PIET BOON CON-06


KUKI
■comment
コンクリート壁紙は数ありますが、私の中では不動の優勝デザイン。
今貼ってある深緑の壁紙とも相性が良さそうな掠れた色合いが素敵です。ワンルームなので、部屋の片側にドンっと貼りたいです。

■profile
夢の国出身、心は14歳の冬生まれ。ガンダムのパイロットに恋し続ける入社5年目。毛玉の妖怪の下僕として日々生きる。色々書いたり実験したり、インダストリアルやヴィンテージ系のインテリアが好み。

 

スタッフ・SASAGAWAの壁紙オブザイヤー2019

輸入壁紙|rasch 532104

SASAGAWA
■comment
4色あるこのデザインのレッドが今年の阪急梅田のクリスマスディスプレイに使われていてとても素敵でしたが、私が一番好きなのはホワイト。派手過ぎず落ち着いたシックなトーンで、寝室だといい夢が見られそうなデザインですよね。
折角なら家具も同じようなテイストで揃えたいので、将来結婚して住む家にでも貼りたいです笑

■profile
生まれも育ちも大阪府の北摂。やっと社会人生活に慣れてきた入社2年目。
イギリスのアフタヌーンティーや、ヨーロッパのお城に憧れる、年をとる程どんどん趣味が乙女化している20代女。どこへ向かっているのか。
「バナジウム」がいいと聞いて、とりあえずお水を一生懸命飲む今日この頃。
効果はまだ感じない。

 

リーダー・TAKECHIの壁紙オブザイヤー2019

輸入壁紙|rasch 958904

TAKECHI
■comment
最近のraschで個人的に一番かわいいと思います。
離れて見ても、近くで見ても、ほどよい柄の大きさ。ひかえめピンク×渋めのグリーンの配色。
トイレで、腰下は同色のグリーンにして、腰上はこの壁紙で貼り分けてもかわいいかなと思います。

■profile
大阪生まれ奈良育ちの30代。入社12年目。
商品ページをつくったり、オリジナル商品をデザインしたり何でも屋さん。
趣味は美術館巡り&ポストカード蒐集。
最近始めたスマホゲームが楽しくて寝不足気味なダメな大人です。
インテリアはちょっと癖のあるクラシカル系にあこがれるけど、こたつは譲れない。

 

スタッフ・R.TANAKAの壁紙オブザイヤー2019

輸入壁紙|rasch 535556

R.TANAKA
■comment
rasch社のインスタを見て今年1番貼りたいと思った壁紙。
大地を思わせるブラウンカラーにブラックのジオメトリック柄。アフリカンテイストを感じるこの壁紙は力強く、1面に貼るだけでグッと空間が引き締まると思います。先日、この壁紙が入荷されたので早速この年末リビングに貼ります。

■profile
千葉出身、関西に移り住み7年。入社3年目。
植物に囲まれた部屋で、4羽の鳥につつかれながら暮らす40代女。
なので壁紙は、植物と鳥との相性を見て選びます。

 

スタッフ・NAKAOの壁紙オブザイヤー2019

壁紙屋本舗オリジナル シール壁紙|Hatte me! (ハッテミー) ニット柄 KNIT-01 キナリ

NAKAO
■comment
毎年、寒くなるにつれてついつい目で追っちゃう壁紙。ニット柄が可愛いんです。
賃貸住まいなので、手軽に簡単に施工が出来て元の状態に戻せるところも気に入っています。
こたつの置いてある部屋の壁に貼ってぬくぬく過ごしたいです。

■profile
20歳で壁紙屋本舗を入社し、7年目で一旦離れ半年ほどで戻ってきた入社1年目の新人(ややこしい)。7年間はカスタマー&受注の対応をしていて、現在は企画・運営チームとして主にSEO対策の仕事をしています。ナチュラルテイストなインテリアが好き。寒色より暖色派で白×ベージュみたいな組み合わせが大好き。最近乾燥に耐え切れずハイブリッドな加湿器を購入しました。湿度設定ができるハイテク機能に感動。

 

店長・HAYASHIの壁紙オブザイヤー2019

スイカの壁紙|rasch 813814

HAYASHI
■comment
今年一番ズキュンときた壁紙といえばこの壁紙でしょう。
一片の迷いもない色使い。
ほとばしる果汁。
種がおりなす集合体。
揺るぎないスイカ感を感じずにはいられません。
このスイカ感をメンフィス感に重ねてコーディネートしちゃうあたりがウチのスタッフいけてると思うんです。おそらくソットサスもびっくりしていることでしょう。
ちなみに私の好きな食べ物もスイカということで、これが壁紙オブザイヤーまちがいなしでしょう。ていうかみんなラッシュ選んでるし。

■profile
壁紙屋本舗歴11年の45才。
最近『記憶力を維持するガム』を噛み続けておそらく20代レベルの記憶力を取り戻すことに成功。
イチョウ葉エキスってほんとうに効くんですね。ってキツめに思い込んでいる今日この頃。
記憶、それはいつも、はかない。

 

スタッフ・FUKUDAの壁紙オブザイヤー2019

輸入壁紙|rasch 465020

FUKUDA
■comment
大好きなレオパード柄!
王道のベージュもいいけど、ベース、柄共にピンクで柄が強すぎず、でもアクセントにゴールドが入っててインパクトもあるこの色が好きです。
家で使うとしたら、写真やポストカードを飾ってる壁に。柄の主張が強すぎないから飾ってるものを邪魔しなさそう。

■profile
商品撮影、ページ作成スタッフ。
20代も折り返しの今頃に90’sギャルにハマる。好きなものを好きなように楽しんでる人はイケてる。
黄緑とビビッドカラーとキラキラが好き。好きすぎて髪の毛が緑になりました。やったね。

 

スタッフ・MORIKAWAの壁紙オブザイヤー2019

輸入壁紙|rasch 490091 / rasch 937428

輸入壁紙|rasch 490091

輸入壁紙|rasch 937428

MORIKAWA
■comment
1つにしぼれませんでした。
490091の色味が最高に素敵なんですけど、質感は937428が良くて、、、
貼りたい場所は、玄関です。
横幅約2mの壁面にパズル飾っているのでそれのアクセントになるかなぁと思いつつ。
結局はとにかくこの色が好きということですね。

■profile
兵庫県生まれの20代。入社3年目。
好きな事はとことん追求するが、尋常じゃない程の飽き性。
将来、これ!という、ときめくことが出来る壁紙に出逢える日を日々楽しみにしている。
最近は次の髪色を何色にするか検討中。

 

スタッフ・UEMATSUの壁紙オブザイヤー2019

輸入壁紙|rasch 406818

UEMATSU
■comment
この冬登場したばかりのrasch最新セレクションより、ゴールドのヤシの木のデザインです。ずばり一目ぼれ。
今年引っ越したばかりのリビングに貼る壁紙をずっと思案中なんですが、トイレやキッチンと違って面積も広く滞在する時間も一番長いリビングはほんとに迷います。額縁や小物が多いので柄物はケンカするかと諦めかけていましたが、この柄なら何とか馴染んでくれそうな予感!期待を込めて今年の1枚に選びました。

■profile
兵庫県出身の30代。入社2年目。現在「ふすま」と向き合いながらコラムやメルマガ書いています。
物件探しの時アクセントクロスを取り入れているリフォームを多く見ましたが、アクセントこそ自分で選びたいと激しく思った。
鮮やかカラーを取り入れる勇気が出るのかわからないけどモロッカンインテリアに惹かれる気持ちを無視できない。

 

おわりに

photowall_e310138

スタッフが選んだ1枚にビビっとくるものはありましたか?
ひと言に好きな壁紙と言っても「見ていて好き」と「実際に貼りたい」は違う場合もありますし、それぞれの視点でこの1年触れ合ってきた壁紙を振り返る機会になったと思います。

やはり目立つのは輸入壁紙でした。(というかほとんどrasch

国産壁紙よりお値段は張るのですが、国産壁紙にはなかなか無さそうなデザイン性や「いつかこの壁紙貼りたい」という憧れも含め、特別な1枚にしているスタッフが多いようです。

来年もまた新たな壁紙がたくさん台頭してくるなかでスタッフの心のなかにある1枚も刷新されていくかもしれませんし、どれだけ新しい壁紙が出てこようが揺らがない1枚もあるのかもしれません。

いずれにしても、「これが好き」と思える物事の存在は人生に彩りを与えてくれると思います。
いつかこれを貼りたいという夢、それが叶った時のよろこびも同じくです。

1枚でも多くの「壁紙」を1人でも多くのお客さまにお届けし、その暮らしがより豊かなものになることを願いながら、壁紙屋本舗は来年も全力で精進してまいります。
壁紙を愛するこんな私たちを、2020年もどうぞよろしくお願いいたします!

★★★See you next year “2020”★★★

壁紙以外にもお伝えしたいアイテム満載の壁紙屋本舗ですが、2019年の締め括りということで「壁紙屋」として「壁紙」に焦点を当ててお送りいたしました。
ウエマツ
writer profile
紹介を名前の五十音順に並べようと決めましたが、書き始めるまで自分が先頭にくることに気づかなかったウエマツです。
謙虚な気持ちを忘れずに年を重ねていきたいと思う。普段よりちょっといい酒の入手に奔走する日々がはじまります(だから忙しい)。

輸入壁紙 rasch(ラッシュ)2020 NEW COLLECTION!

2019.12.13