バレンタインにも使える!ラッピングに壁紙をおすすめしたい理由

wrapping_eyecatch03 コラム

2020.01.30

やってきました、バレンタインシーズン。

バレンタインに限りませんが、ちょっとした贈り物をする際にその印象を左右するのがラッピング。

ラッピングペーパーやクラフトペーパーは100円ショップ等でも多く出回っていますが、デザインに物足りなさを感じている方も多いはず。
かといって輸入物やデザインの洗練されたアイテムを探してみると、案外お値段が張るんですよね。
価格は押さえたままでワンランク上のラッピングができたら・・・と、多くの方が思っているのではないでしょうか。

ということで、今回ご紹介したいのが壁紙をラッピングに利用するというアイデアです。

実は!
札幌にあるチョコレート専門店SATURDAYS CHOCOLATEさんは、商品のパッケージに壁紙を使われています。

※壁紙屋本舗の姉妹店である輸入壁紙専門店WALPAのアイテムです。
※SATURDAYS CHOCOLATEでの壁紙の商用利用については各ブランドに確認を取り許可を得ています。

産地ごとに違う特徴をもつカカオ豆の風味を生かした手作りチョコレートが評判のお店なんですが、壁紙の印象的なデザインが映えて非常におしゃれ!

それでは、ラッピングに壁紙をおすすめしたい理由、おすすめの壁紙デザインなどをご紹介していきたいと思います。

 

ラッピングに壁紙をおすすめしたい理由

デザイン性が高く、種類が豊富

wrapping_po01_02

とにかく柄、カラーバリエーションが豊富。
市販されているラッピングペーパーより大胆なデザインのものが多く、華やかで目を引きます。

 

価格がリーズナブル

price_screenshot02

国産壁紙はほとんどの商品が幅約90㎝で1mあたり399円(税込)とリーズナブル。
より奇抜で大胆なデザインの多い輸入壁紙も一部の商品で1m単位の販売を行っており、幅約50cmで1mあたり792円(税込)~。
高めのラッピングペーパーだと1枚500円程度で販売されているものもあるので、面積を考えるとそれよりも安い価格帯です。

 

エンボス加工で特別感アップ

wrapping_emboss02

デザインを立体的に見せるためのエンボス加工(壁紙表面の凹凸加工)が施されている壁紙も多く、同じ包み方をしても通常のラッピングペーパーと比べると存在感のある仕上がりに。
厚手で丈夫なので、ボリューム感のあるラッピングができるんです。

※エンボスの具合は品番によって異なります。

 

包み方いろいろ

キャラメル包み

wrapping_caramel_tiny

初心者におすすめのキャラメル包み。
名前の通り、キャラメルの包み紙のように包装するラッピングの方法です。

箱に対しての必要量もわかりやすく一番カンタンで仕上がりもきれい。
壁紙は通常の紙よりも厚手で折り目の反発力が強いので、側面のマチ(貼り付ける部分)の長さをたっぷり取ることをおすすめします。

キャラメル包みの方法はこちら>>
(※外部サイトにリンクします)

斜め包み

wrapping_naname_tiny

いわゆる、店頭でされる包装としてよく見る包み方です。
少し難易度は上がりますが、壁紙で行うと厚みがあるので全体にふっくらとした印象に仕上げることができます。

斜め包みの方法はこちら>>
(※外部サイトにリンクします)

 

テトラ型ラッピング

wrapping_kobukuro_tiny

三角のコロンとした形がかわいいテトラ型ラッピングも、丈夫な壁紙を使うと形がキレイに仕上がります。空っぽでも全くヨレることのない立体感!

テトラ型ラッピングの作り方はこちら>>
(※外部サイトにリンクします)

封筒ラッピング

wrapping_bag_tiny

壁紙で封筒を作るだけでおしゃれなラッピングバッグに♪

封筒の作り方はこちら>>
(※外部サイトにリンクします)

 

ラッピングのアクセントに

wrapping_01

よくある茶色いクラフトペーパーで全体を包み、アクセントに壁紙を使用するだけでも特別感がぐんとアップします!

 

Wal-Pi(ワルピ)

walpi01

壁紙を使った工作などにおすすめのテープのり、Wal-Pi(ワルピ)
修正テープのようにお手軽に使えるアイテムで、ラッピングにもおすすめ。

walpi02_tiny

テープが表面に出ないので見た目をスッキリと仕上げることができます◎

意外と目立つテープ・・・
wrapping_tape_tiny
ワルピだとスッキリ!
wrapping_walpi_tiny
エンボス加工の強いデザインや表面強化タイプの壁紙など、ワルピで貼り付かない場合があります。

 

リボン・紐

wrapping_10

デザイン面では文句なしの壁紙ですが、唯一、壁紙の表面の状態によってはテープやのりなどで貼り付けにくいという難点が否めません。
その補強としても併用をおすすめしたいのがリボンや紐などのアイテム。もちろん見た目も華やかになりますね。リボンが上手く結べないという方は、初心者でも差の出にくい「紐」タイプのアイテムがおすすめです。

 

大柄デザインで華やかなラッピング

大柄なデザインの壁紙を使ったラッピングはとにかく華やかで目を引きます。
こういったデザインはボタニカル柄や花柄に多く見られます。
デザインに負けないくらい鮮やかなリボンを使うのもおすすめ◎

wrapping_04

 

 

ポップでキュートなラッピング

英字柄やキュートな柄は、ラッピングペーパーでも王道のデザイン。
ストライプは壁紙ならではの大きなライン幅をたのしめます。学校のお友達とのプレゼント交換などにもいいですね。

wrapping_05

 

 

清楚でクラシカルなラッピング

清潔感のあるデザインが多い、白をベースとしたボタニカル柄。
ほとんどの色のリボンを受け入れてくれそうな点も◎

wrapping_08

 

 

シックなラッピング

木目やコンクリート、グレーやブラウンなどダークトーンのデザインはシックで洗練された印象に◎
男性にも好まれそうなデザインです。

wrapping_07

 

 

シンプルな無地ラッピング

無地の壁紙もラッピングにおすすめ。
贈る相手の年齢や性別を問わず使いやすいアイテムです。

wrapping_06_02

 

おわりに

wrapping_eyecatch05
  • 普通のラッピングペーパーじゃ物足りない
  • 心の躍るようなラッピングがしたい
  • でも予算は抑えたい

 
壁紙でのラッピングは、こんなあなたにぴったりのアイテムです。

今回ご紹介したのはほんの一握りのデザイン。
ほかにも数えきれないほどたくさんのデザインがあるので、イメージにぴったりとくる壁紙がきっと見つかるはずです。
ぜひ特別なラッピングで想いを届けてくださいね。