×
  1. HOME > 
  2. 壁紙 > 
  3. 輸入壁紙 > 
  4. ブランドで選ぶ > 
  5. NLXL > 
  6. CANE WEBBING

CANE WEBBING

nlxl メイン

近年、インテリア界に再来しているラタン編みブーム。古くから家具作りに使用されている技法の一つ、ラタン編み。
古くからオブジェなどに使われており、籠から始まり家具へと発展しました。
1660年代、アジア諸国と貿易関係にあったオランダ、英国、フランスで初めて家具の素材として使用されました。
1859年、ドイツの家具メーカー、Thonetが家具業界に革命をもたらすきっかけとなった「214」と呼ばれるカフェチェアー。
座面にはシンプルなラタン編みが取り入れられており、軽量化が実現したことにより製造、輸送コストを抑えることが可能となったのです。



Rick Vintage(NLXLクリエイティブディレクター)

"2018年に入ってすぐラタン編みの壁紙デザインに取りかかったんだ。
同時に、ウッドパネルをテーマにしたデザインも進めていて、この二つを組み合わせてみたら…とふと思ったんだ。
NLXLのデザインも手掛けているRoderick Vosがスタジオに立ち寄ってくれたときに、ラタン編み×ウッドパネルの構想を見せたところ、数週間後には「Angle Webbing」のベースとなる美しいスケッチが出来上がってたんだ。驚きと嬉しさでいっぱいだったよ。
Roderickや彼のチームとの作業はとても楽しくて、それはこのコレクションをみてもらえればわかるはずだよ。
「Wainscoting」は横貼りすることで、本物の腰壁のようになるんだ。
NLXLが培ってきた技術を元に作られた壁紙は近くでじっくり見てみても本物と見間違うほどリアルさ。"

検索結果32件商品が見つかりました
MOVE TO THE TOP